採用情報

  1. TOP > 採用情報 > 独自の制度

独自の制度

次世代育成支援への取り組み

西鉄は、2008年、2011年、2015年と3回にわたり、厚生労働省より「次世代育成支援対策推進法基準適合一般事業主」として認定を受けました。
これは、仕事と子育ての両立を積極的に推進している企業が「次世代育成支援企業」として行政から認定されるものです。当社では、育児をする社員を支援する制度の拡充等の取り組みが認められ、認定を受けるに至りました。
今後も、社員が仕事と家庭生活をともに充実させることができ、すべての社員が働きやすい職場づくりに取り組んでまいります。

海外研修制度

現在25の国と地域、98都市に海外事業展開をしている国際物流部門では、国際ビジネスの舞台で活躍できるスタッフの育成に力を入れています。若い社員が国内における輸出入業務だけでなく、国際物流貨物に関するオールマイティな知識、能力を身につけることが、今後のよりいっそうの海外展開には必要不可欠となります。国際物流部門が毎年実施している海外研修制度では、入社3年目から応募が可能で英語の筆記試験と面接の選考を経て、応募者の中から海外研修生が決定されます。ちなみに2015年の研修先はアメリカ、メキシコ、オランダ、台湾、中国、インド、インドネシア、ベトナムの各現地法人となっており、現在8名の若手社員が1年間の研修を受けています。現地での滞在期間中、到着貨物の空港での立会いから輸出入貨物の手配、輸出入申告書類の作成、そしてお客さまの訪問まで幅広く業務に携わることになります。

海外研修制度は、海外での業務経験・生活経験を積み、将来海外駐在員として活躍するための大きなチャンスでもあります。

TOPTOP