事業内容

  1. TOP > 事業内容 > 都市開発事業本部

都市開発事業本部

※原則として平成27年3月現在のデータを掲載しています。

都市開発事業本部は、ソラリアプラザ・天神コアをはじめとした天神の各商業施設やオフィスビルの開発・運営を通して、福岡の街づくりに貢献しています。また、天神明治通り地区のまちの将来像を策定し、その実現のための活動を行うなど、長期間にわたるまちづくりに携わっています。

ショッピングセンター

天神ソラリア

昭和61年の基本構想の発表にはじまった天神ソラリア計画は、平成元年のソラリアプラザビル、平成9年のソラリアターミナルビル、平成11年のソラリアステージビルのオープンで完了しました。西鉄グループは、このプロジェクトを出発点として、九州の中心都市天神のターミナル機能の向上をはじめ、天神地区の回遊性の向上および商業機能・文化機能などを充実させることで、天神地区を活性化させ、福岡の発展に寄与したいと考えています。
また、平成19年4月、環境マネジメントシステムの国際規格であるISO14001の認証を取得しました。地球環境の保護と子どもたちの未来のために、環境にふさわしい運営を目指します。

ソラリアプラザビル

ファッション・飲食店のほかにシネコンやスポーツクラブ、シティホテル・FM局を併設する複合ビルです。平成27年4月に大規模リニューアルをし、グランドオープン。ファッショナブルな街・天神の中心に位置するターミナル直結の商業施設としてのポテンシャルを活かした「九州ナンバーワンのファッションビル」としてふさわしい施設となりました。

ソラリアターミナルビル

平成9年9月に完成したソラリアターミナルビルは、パブリックスペース「ライオン広場」や西鉄福岡(天神)駅、西鉄天神高速バスターミナルのほか、キーテナント「福岡三越」、460台収容の「ソラリアターミナル駐車場」など、ターミナル機能と商業機能が高度に複合された「天神ソラリア」の中核となる施設です。

ソラリアステージビル

飲食やコスメ、ファッションなどの専門店街に加え、「雑貨館インキューブ」、演劇や音楽など多目的に使える「西鉄ホール」を備えるユニークなビルです。西鉄福岡(天神)駅、西鉄天神高速バスターミナルと直結しており、通勤途中でも気軽に立ち寄れます。また、1階のソラリアビジョン前は、待ち合わせスポットとして多くの方に親しまれている空間となっています。

天神コア

昭和51年に開業した天神コアは、10代から20代前半の若者をターゲットとしたファッションビルです。ヤングレディス・メンズアパレルをはじめ、大型古着店、雑貨店、飲食店等、全国で話題のショップが軒を連ね、天神の中心からトレンドを発信しています。福岡県内はもとより九州各地、韓国などアジアからも多くのお客さまが来館されています。

チャチャタウン小倉

平成12年11月、北九州市小倉北区の旧西鉄北九州線砂津車庫跡地に大型複合商業施設『チャチャタウン小倉』がオープンしました。「ぶらぶら歩きが楽しめる路面店感覚の商業施設」というコンセプトのもと、生鮮スーパーや大型雑貨、カジュアルファッション、飲食店など日常生活に密着した多様な店舗や、北九州市最大級の大型シネマコンプレックスなど約50もの店舗で構成しているほか、高さ60m、直径 50mの大観覧車も併設するなど、多くのお客さまに親しまれています。

オフィスビル

西鉄平尾駅ビル

平成18年3月にオープンした『西鉄平尾駅ビル』は、地上17階建てで西鉄天神大牟田線平尾駅と、商業施設、賃貸マンションが一体となった複合型駅ビルです。
1~2階は、生活利便施設や飲食店舗などの商業フロア、3階は内科や小児科などの4医院が入居するクリニックフロアとなっており、同ビル内や駅周辺にお住まいの方にとって利便性の高い施設となっております。
4~17階の賃貸マンションフロアは、1LDKからファミリータイプまで全209戸あり、駅直結の居住者専用エレベーターを完備しています。

西鉄千代県庁口スクエア

平成20年3月にオープンした『西鉄千代県庁口スクエア』は、地上16階建ての賃貸住宅棟『ラクレイス県庁口』、免震構造を採用した地上10階建ての事務所棟『西鉄千代用県庁口ビル』、約320台が駐車場可能な駐車場棟『西鉄県庁口駐車場』で構成されております。

西鉄薬院駅ビル

平成15年1月に完成した『西鉄薬院駅ビル』は、天神大牟田線薬院駅と一本となった地上14階建てのオフィスビルです。
外壁には、景観や省エネに配慮したアルミカーテンウォールを採用したほか、外気を活用した高性能の空調機を導入するなどした環境共生型省エネビルです。
1階はオフィスエントランスおよび商業フロアで、2~14階はオフィスフロアとなっており、柱をなくした開放感あふれる造りやOAフロアを採用するなど、快適で機能的なオフィス空間を実現しました。

西鉄日本橋ビル

平成24年6月にオープンした『西鉄日本橋ビル』は、東京駅から徒歩3分の好立地を誇る最新の免震構造を採用したオフィスビルです。
関東圏のオフィスビルとしては初めてとなり、抜群の立地条件と最新鋭の構造・設備を併せ持ちます。
免震構造の採用によりBCP(事業継続計画)の実現に不可欠な耐震安全性の実現や、環境に配慮したエコ仕様の照明・空調設備により業務効率と低コストを両立させる先進の設備・仕様を備えています。

その他の取り組み

水上公園

福岡市が公募型プロポーザル方式で募集した天神明治通り地区に隣接する水上公園の整備・管理運営事業にコンソーシアム一員として応募し、事業者に選定された事業です。
天神側からの景観にも配慮された公園と連続感・一体感のあるシンボル性の高い休養施設を新たに整備します。
休養施設には、グローバルなテナントとローカルのテナントを誘致し、幅広い利用者へのサービス向上をはかることで、都心の水辺空間に新たな賑わいを創出します。

天神明治通り街づくり協議会

西鉄の最も重要な事業基盤である天神地区において、明治通り地区の価値の向上を図るため、平成20年6月に協議会が設立されました。天神明治通り地区の「将来像」を策定し、その実現のための活動を行う等、西鉄はその中心となって長期にわたる街づくりを牽引しています。

天神COLOR(天神明治通りビル内コワーキングスペース)

西鉄とStartup Go! Go! 実行委員会および(株)日本政策金融公庫の3者で業務提携し、天神明治通りビル内コワーキングスペースで起業家支援事業を行っています。
起業家育成プログラムをはじめ、税務・会計の専門家を招いての講演会の開催や融資に関する相談などに加えて、コミュニティマネージャーが当施設に常駐し、入居者の交流を促進することで、人脈づくりやコラボレーションを促す環境を創出し、事業拡大をサポート。
西鉄は※ コワーキングスペースおよび西鉄への事業提案の場を提供します。
起業家支援の取り組みを通じて、天神に多様で有能な人材が集まるとともにイノベーションが生まれ、福岡のまちがより活性化していくことを期待しています。
※事務所や会議室、打ち合わせスペースなどを共有しながら独立した仕事を行う共同ワークスタイル

中央児童会館等建替え整備事業

福岡市が公募型プロポーザル方式で募集した天神エリアに位置する中央児童会館等建替え整備事業にコンソーシアムの一員として応募し、事業者に選定された事業です。
西鉄は、特別目的会社を設立し、公共施設および民間施設が入居する建物を新たに建築します。
民間施設には、中央児童会館をはじめとした公共施設との相乗効果が見込める親子で楽しめる魅力的なテナントを誘致してまちの活性化に寄与していきます。

SPECIAL INTERVIEWS

TOPTOP