TALK MEMBER技術部門 鉄道土木
(コーポレート・地域マーケット部門)

小栁 賢史鉄道事業本部 施設部
線路課 改良課 2011年入社

中村 公亮 鉄道事業本部 施設部 線路課
改良課 係長 2007年入社

会社の顔としての責任感を持って

中村
作業着を着ているのは久々だね。
小栁
そうですね。最近は2人ともスーツ姿で、福ビルで仕事をしている時間が長いですもんね。
中村
小栁くんは、入社以来どんな仕事をしてきたんだっけ。
小栁
最初の3年は、2020年に完成予定の連続立体交差事業の事務所で工事を担当していました。それから1年ほど、保線課の軌道係として日々線路の点検やメンテナンスに関わり、その後は先輩と同じ今の部署です。
中村
今の部署は、西鉄電車の沿線で行われる線路に関わる工事全般だね。例えば、踏切の周辺の道路の幅を広げたり、道路の下に水路を引いたり、線路の周りで変化が起こると、線路自体やその地盤にも工事が必要になる。
小栁
そうですね。連続立体交差事業や保線課でのメンテナンスは、計画を立てる段階から、施工を進めていくまで社内で進めることも多くありましたが、今の部署では社外とのやりとりが大部分ですね。各工程についての打ち合わせも、すべて明文化したものが必要になりますし、会社の代表として見られる立場にいるので身の引き締まる思いです。
中村
自治体などの行政やゼネコンなど、それぞれ違った視点や立場からの意見があって、それらの橋渡しを務めることもあるからね。技術についてはもちろん、西鉄の会社としての考えもきちんと理解し、自分の中にしっかりと軸を持っておかないとね。安心して任せていただくにはどうすればいいか、考えながら動くことが大事。
小栁
どの仕事もそうだとは思いますが、適当な発言もできないので、日々準備や確認することが多く、気が抜けません。

安心・安全を支える縁の下の力持ち

小栁
大学で土木を学び、西鉄に技術員として入社して気づきましたが、鉄道を動かすためには想像以上に多くの技術員が必要ですよね。車輌を作る部門、電気を司る部門、駅舎の土台は私たち土木ですが、建物を設計・施工する建築部門などです。案件やプロジェクトを進める中で、他部門に助けられることも多いし、「あ、土木でここまでいろんな仕事ができるんだ」と感じることも多々あります。
中村
そう、本当にその通りだね。社内でも「これはどっちの部門でやろうか」という判断が難しい場合もあるから、他の技術部門との協議や判断が求められることも少なくないね。行政やゼネコンなどの社外とのやり取りでもそうだけど、間違ったことを軽々しく言えないから慎重に、地道に、真面目に。それぞれの要望や希望はできるだけ聞きつつも、西鉄の安全基準も大切にして、守るべきところは譲らず。バランスはとても難しいところだけど、小栁くんは、バリバリやってくれているから頼もしい存在だよ。
小栁
いや、まだまだです。技術員としての知識や経験は日頃先輩方に教えていただきながら、少しずつ積み重ねています。いつも心がけていることはありますか?
中村
そうだなぁ、西鉄は社名に鉄道が入っているからね、地域に根ざしているベースの1つが鉄道という自負はあるかな。天神大牟田線の線路に関する土木施設のメンテナンスなんかをしていると、数え切れないほどの枕木や橋があるけど、どれ1つとっても欠かせないパーツなんだよね。常々メンテナンスを進めながらも電車は止められないから、日中に点検をして、工事は夜間に行う。いちばんに考えるのは地域住民の方々の暮らしやすさかな。公共性が高く、規模も大きいけど、細やかな配慮も忘れないのが西鉄ならでは。
小栁
西鉄という会社のイメージでもある「安心・安全」を支えているんだという意識は僕も常に持っています。プレッシャーもありますが、細やかな努力の積み重ねで防げる事故はたくさんありますから。

未知への挑戦が新しい価値に

中村
小栁くんは、今後やってみたいこととか夢はあるの?
小栁
そうですね。せっかく西鉄に入ったからには、今までに経験したことのないようなことにも挑戦したいですね。バスやホテル、住宅など、多角的に人々の暮らしを支える会社ですから、土木の技術もいろんな面で生かせるといいなと思います。あとは「鉄道のことなら小栁に聞けば何でもわかる」と思ってもらえるような存在になりたいです。
中村
頼もしいね!鉄道部門も近年は観光列車を発表したり、新しい試みに挑戦しているよね。地域の安心・安全を守ることは大前提として、新しさや楽しさみたいなものも提供していけるといいね。
小栁
そうですね。西鉄は、新しいことへの挑戦意欲が高い会社だと思います。それから若い社員にも仕事を任せる風土があります。新入社員だからといってアシスタント的な動きをするわけではなく、即戦力として期待されます。技術だけでなく、社会人としての交渉力やマネジメント力も身に付けたいという人には最高の環境です。
中村
そうだね。土木を学んだ学生さんは、就職先として行政や設計コンサルや施工会社が候補になるかなと思うけど、西鉄の土木だったら、計画・設計・施工管理・つくった後のメンテナンスまで関わっていけるというのが強みだね。やれる仕事の幅も広いので、会社に入ってからも勉強の連続、経験を財産に常にアップデートできる。人生の大半を過ごす就職先だから、しっかり下調べをして、自分のやりたいことに合った会社を選んでほしい。それが西鉄だったらうれしいですね!
小栁
はい、安心・安全を大事にしていますが、悪い意味での堅さはないので、チャレンジ精神や積極性のある学生さんに来ていただけたらいいですね。待っています!

SPECIAL INTERVIEWS

  • SPECIAL
    INTERVIEW
    自動車事業本部

  • SPECIAL
    INTERVIEW
    鉄道事業本部

  • SPECIAL
    INTERVIEW
    住宅事業本部

  • SPECIAL
    INTERVIEW
    都市開発事業本部

  • SPECIAL
    INTERVIEW
    まちづくり推進本部

  • SPECIAL
    INTERVIEW
    ホテル事業本部

  • SPECIAL
    INTERVIEW
    事業創造本部

  • SPECIAL
    INTERVIEW
    国際物流事業本部

  • SPECIAL
    INTERVIEW
    技術部門 自動車

  • SPECIAL
    INTERVIEW
    技術部門 鉄道電気

  • SPECIAL
    INTERVIEW
    技術部門 鉄道車両

  • SPECIAL
    INTERVIEW
    技術部門 鉄道土木

  • SPECIAL
    INTERVIEW
    技術部門 建築

TOPTOP